GTS Project


GTSとは、Geidai、Taitou、Sumida の頭文字を表し、正式には「GTS観光アートプロジェクト」と称します。「隅田川界隈にアート環境の創造」を目的に、2010 年から 2012 年までの 3 年間のプロジェクトとして、東京スカイツリーから浅草を結ぶ地域の新しい芸術の発信地となる地域創成を目指し、東京藝術大学・台東区・墨田区の共催で実施されました。

GTS stands for Geidai, Taitou, Sumida and has the official title of "GTS Sightseeing Art Project" . With the purpose of "generating a creative environment in the Sumida district" this program ran for 3 years between 2010-2012, aiming to foster a local platform in the area between Tokyo Sky Tree - Asakusa for the promotion of art through a collaboration between Tokyo University of the Arts, Taitou ward and Sumida ward.